東京へ向かう夜行バスの中を快適に過ごす方法

他府県から東京へ向かう際に便利なのが夜行バスです。

夜に乗車しておけば、翌朝には東京に着くメリットと価格も新幹線に比べると比較的に安い点が利用者の心を掴んでいます。バスは主に三列シートが主流であり、最近ではトイレの完備だけではなく飲み物や無料WIFIの設置もしているので、車内で快適に過ごす事が可能です。車内は消灯時間になると明かりは消えてしまうので、夜行バスに乗車した際には必ず暗い中に利用するのは不便なトイレを先に済ませておく事をオススメします。

また、座席も早めに後方に座る方に一言添えてから倒しておきましょう。明るいタイミングでバスの中で快適に過ごすための準備は必要不可欠です。女性の場合、長距離の夜行バスで注意したいのが冷房です。車内の冷房は自動設定となっている場合が多いですが、狭い空間で25度前後の冷房は冷えすぎてしまう恐れがあります。乗車した際には頭上の冷房の向きを変えるなど、自分で管理が大切です。

可能であれば、手荷物の中に靴下や羽織る物の準備をしておくと良いでしょう。東京までの夜行バスの間、バスの運営会社によっては途中で運転手交代の為の停車やトイレ休憩がある場合があります。その間に車内の電気が点灯するので、睡眠を妨げられたくない方はアイマスクの準備や耳栓も持参すると便利です。乗っているだけで便利な夜行バスですが、長時間車内からは出られない為、酔い止めなどの準備も事前にして万全な体調で乗車しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *