スーツをクリーニングに出すことについて

季節の変わり目にスーツをクリーニングに出す人も多いと思いますが、少し気をつけたいこともあります。まずスーツに限らず全ての衣類は洗濯を行うことによって、ダメージを受けています。しかしダメージを受けるからといって洗わずにいる訳にはいきません。その為負担を最小限に抑えながら洗うことが大切です。

スーツも出来る限りクリーニングに出す回数を減らしたいです。スーツは肌に直接触れる衣類ではありませんので、日頃のブラッシングなどである程度メンテナンスをすることが出来ます。特に秋冬に着用したスーツは日頃からメンテナンスを施していれば1年に1回もクリーニングに出す必要はありません。しかしそれでも汚れは付着してしまいます。

特に夏場など暑い時期に着用しているスーツは汗汚れなども付いてしまっています。そうなれば洗うしか方法がありませんが、その際にはスーツも水洗いを行うようにしたいです。スーツは本来はドライクリーニングで洗うことが一般的です。縮みや型崩れなどを防ぐ為に水を使わずに洗います。

しかし油汚れなどは油溶性の汚れは落とすことが出来ますが、汗など水溶性の汚れを落とすことが出来ません。ですので、ドライに加えて水で洗うことによって汗などの水溶性の汚れも落とすことが可能です。スーツを水で洗うことに抵抗感を感じますが、きちんとしたお店に依頼すれば縮みや型崩れなどは起こりませんし、何よりもスーツがスッキリして返ってきますので非常に気持ちが良いです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*