家庭でできるクリーニング

洗濯といえば毎日や一日置きなど、家庭で頻繁に行うものですが、中でもドライクリーニングは意外とクリーニングに出すという人が多いのではないでしょうか。今はドライクリーニング専用の洗剤もありますし、案外家庭でできてしまいます。基本的には水で洗えるものですが、洗いたい衣類のタグにドライと書いてあっても上手く洗わないと縮んでしまったりといったことも時々あります。ここで絶対に守らなければならないのは水で洗うということです。

普段の選択ではお湯の方が汚れ落ちがいいということで、お風呂の残り湯を使ったりもしますが、ドライクリーニングの場合にお湯を使ってしまうと縮みの原因になります。そして、脱水時間は極力短くするということです。しっかり脱水をしてしまうと、シワシワになってしまいますし、これも縮みの原因になります。そして洗い終わったら陰干しをする。

これがドライクリーニングの基本です。これらの手間を考えるとお店に出した方が楽なのですが、費用も日数もかかるので、手早く経済的に済ませたいという人は自分で洗ってみるのも良いのではないでしょうか。ちょっとしたおしゃれ着洗いならスーパーやドラッグストアなどで売っているドライ専用の洗剤でできますし、もう少し本格的に洗いたいと言う人にはお店でも使っているような洗剤もあります。ネクタイやスーツなどの洗えないと思っていたものも洗えるので、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*