モード系ファッションの革命「黒の衝撃」

ファッション情報に当たり前のように登場する「モード」という言葉。これは、流行のスタイルや風俗、風潮を意味します。ファッションと同義の言葉ですが、現代では、よりクリエイティブなハイ・ファッションを指すことが多くなっています。モード系スタイルを語る上で外すことができないのが、「COMMEdesGARÇONS(コム・デ・ギャルソン)」と「YohjiYamamoto(ヨウジヤマモト)」です。

川久保玲と山本耀司、両デザイナーは、1980年代にパリコレデビューし、賛否両論の大旋風を巻き起こします。これは「黒の衝撃」とも呼ばれ、ファッション界全体に大きな影響を与えました。彼らが発表したコレクションは、黒ずくめのボロ衣装。それまでの西洋文化において、黒は不安や絶望を表わす不吉な色としてタブー視されていました。

さらに、オーバーサイズでアシンメトリーのデザインは、左右対称が美しいとされていた当時の価値観では考えられないものでした。常識を打ち破るスタイルは革命的であり、世界中のデザイナーに影響を与えます。同時に革命的であるがゆえに、批判も多く、揶揄されることの多いブランドとして認知されたのでした。その後、日本ではギャルソンやヨウジの黒い服をまとった「カラス族」と呼ばれるスタイルが若者の間で流行します。

「モード系」と言うときにモノトーンをイメージする人が多いのは、「黒の衝撃」が象徴的であったがゆえだと考えられます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*