オーガニックコットンでできたファッション用品を買う

トップスやボトムスなどのファッション用品の多くにコットンが使われています。コットン100%だと汗をよく吸って手触りも良いです。コットンにはオーガニックコットンという特別なものがあります。オーガニックコットンは化学肥料や化学物質を使わないで栽培されたものを指します。

牛糞や堆肥の土で育て、雑草は人間が手作業で除去します。コットンの風合いは色の付け方などの加工方法で変えることができます。よってオーガニックであることはファッション性には影響を与えません。しかし環境への負荷が非常に小さいです。

従来の栽培方法ではコットンを栽培する人の農薬被害や二酸化炭素の排出が原因の環境汚染が危惧されていました。オーガニックコットンは栽培しても有害物質を出さないので、多くの人がオーガニックコットンを使ったファッション用品を買えば、環境に優しい栽培方法が広がって地球全体を保護することができます。農薬や化学肥料は生産段階でたくさんの二酸化炭素を排出するので、持続可能な栽培方法ではありません。実際に貧しい国々の農場の人々は、先進国にコットンを届けるために健康を悪化させています。

その中には子供たちもいて、世界半数以上のコットン農家の課題です。オーガニックコットンを栽培する時は、土の中の微生物も増やすことができるため、二酸化炭素の吸収量が増えます。農家の子供が農薬汚染の影響を受けなければ、さらに品質の高いオーガニックコットンを作ることも可能です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*