スーツを着こなすポイントとは

スーツはサラリーマンの方は普段の仕事着となるので非常に重要な衣類となります。また、私服で仕事をしている方でも、冠婚葬祭はもちろん、ちょっとした式典や合コンなどにもセットアップとして活用できるアイテムですし、学生であれば就職活動などにも必要となります。そのようなスーツの着こなしには様々なマナーがあり、ルールを守れなければかっこよく見えないと言えます。まず選び方として最低限抑えておきたいポイントは、肩が1センチ程度つまめること、ボタンを留めた時にシワが出来ない事、大き過ぎずに前にとがった形にならないようにする事があります。

袖丈も下のシャツが1センチ程度見える程度がよく、また着丈もヒップが綺麗に隠れるサイジングでなければなりません。オーダーメイドであればこの点は問題になりませんが、既製品を購入する時はよく選ぶ必要があります。また、ボタンの留め方は当然、一番下のものは留めないようにしなければなりません。これは二つボタンの物でも三つボタンの物でも変わらない原則です。

また、三つボタンは真ん中一つだけを留める事が原則となります。外しても良いのは座った時だけですので、基本的にボタンは留めておくものだと認識しておきましょう。また、ネクタイの色がシャツより明るくならないようにしましょう。明るくなってしまうと色が浮いてしまいバランスが悪くなるためです。

このようにスーツには様々な原則がありますので、美しいシルエットを意識した着こなしができるようにしましょう。浜町駅で洋服お直しのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*