着用目的で分類した場合のスーツの種類

スーツの製品の数は非常に膨大であるため、分類の仕方にも様々あります。例えば、着用する目的別で分類することを考えた場合、スーツは大きくビジネス用途の製品と、会合や冠婚葬祭の場で用いられる製品に分けることができます。ビジネス用途の製品は比較的シンプルなデザインなのが特徴です。日本では、ビジネス用途の製品についてはさらに、主にサラリーマンや公務員などが普段する仕事をする際に着用するビジネススーツと、就職活動を行う学生が企業説明会や採用面接に臨む際に着用するリクルートスーツに分けられています。

しかし、これは紳士服業界が商売上の理由で分類しただけに過ぎず、本来はこれら2種類の製品に明確な違いはありません。そのため、就職活動中に着ていたものを入社後に続けて着用しても何も問題はありません。一方、会合や冠婚葬祭の場では立場や場面に合った礼服の選択が求められるため、製品にも多くの種類があります。例えば、夜間の礼服である燕尾服は、勲章の授与式や晩餐会などの行事や、オーケストラの指揮者や演奏者がコンサートの本番に臨む際に着用します。

昼間の礼服であるモーニングコートは、結婚式において新郎が着用するほか、新内閣発足時に皇居で行われる親任式など、昼間に行われる式典の多くで着用されます。また、ブラックスーツは主に葬儀用として着用されることが多いですが、日本国内では葬儀だけでなく、冠婚葬祭全般で通用する礼服として定着しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*